初めての猫を迎えて

【独女 猫を飼うPart1】ロシアンブルーという猫との出逢い

更新日:

 

猫など買ったことなかった私が何故猫を、そしてロシアンブルーを飼う事にしたのか。

実際猫を飼ってみてわかった事など少しづつではありますが書いていきますね。

これから猫を飼いたい方や現在猫を飼っている方などに少しでもお役に立てる情報があれば幸いです。

 

 

独女がロシアンブルーを飼い始めたきっかけ

 

初めて見た青い猫・ロシアンブルー

小さな頃から転勤族で団地住まいだった私はペットを飼うという事が全くありませんでした。

そして大人になってもペットを飼いたいと思うこともなかったのです。

 

ある日、友達との待ち合わせで少し早めについてしまい時間を潰そうとたまたま傍にあったペットショップに入ってみたのが運命だったのでしょうか。

 

小さいワンちゃんやネコちゃんがいる中、ある1匹の猫がめちゃくちゃ可愛くて、毛がすごく綺麗な青色で・・・

猫の種類なんてほとんど知らなかったから『ロシアンブルー』なんて言葉も初めて聞いたくらいでした。

 

思わずその子の前でジッと見とれていたら、店員さんに「抱っこしてみますか?」と言われました。

最初は「いえいえ」って拒んでいたけど余りにも可愛かったから最後は「じゃあ、少しだけ」と抱っこさせてもらいました。

 

初めて抱く仔猫。
めちゃくちゃ小さい。
めちゃくちゃ軽い。

そして、
凄く可愛い~~♡

ロシアンブルー(この写真はその時に抱っこしたロシアンブルーの仔猫ちゃんです)

 

一生懸命私の顔の方に手を伸ばす姿にイチコロでした。

「この仔猫の事飼いたい」とノックアウト状態になりました。

 

もちろん、
その場で飼う事(買うこと)など出来ません。

 

だって、
猫の知識なんて全くないんだから・・・

 

それでもその1回でロシアンブルーを飼いたい!!って思ってしまったのです。

もしかしたら私の中の眠っていた母性に火が点いたのかも知れません。

 

 



スポンサーリンク


初めて知るペット業界の事情

 

家に帰ると早速ネットで調べました。

 

猫のこと、
ロシアンブルーのこと、
猫の飼い方、
ひとり暮らしで猫が飼えるのか?

などなど・・・

 

愛猫ロシアンブルー生後4ヶ月

 

色々と調べていると全く知らなかったペット事情も知ることになりました。

 

・ペットショップの問題
・パピーミルの事
・保護猫という存在の事
・殺処分の事

 

ただ、
『猫を飼いたい』だけの気持ちでしたが、実際にはそこには「命」があるということ

ただやみくもにペットを飼うのではなくどこから猫との縁を結ぶのか。

最後まで責任をもって世話を出来るのか。

 

自分では想像もしなかった事がたくさんありすぎて悩み、考える日々になりました。

 

 

=次回 『【独女 猫を飼うPart2】猫について調べまくる、そして葛藤』 へ続く=

 

『独女・猫を飼う』はシリーズ化して書いていこうと思っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポチッと応援おねがいします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村

-初めての猫を迎えて
-, , ,

Copyright© ロシアンブルーと独女の猫暮らし , 2018 All Rights Reserved.